施設案内

遠妙寺全景

現在の遠妙寺の伽藍は昭和56年に高祖日蓮大士700回御遠諱の報恩記念事業として 新築されました。 鉄筋コンクリート造りの4階建てで、本堂の他に、客殿、庫裡、講堂、教務室、会議室等の 施設が完備されています。       

本堂

本堂は椅子が常設されています。 最大約200名を収容可能です。 毎日の朝夕の勤行、御大会、彼岸会等の法要はもちろんのこと、 信徒の回向法要、また結婚式にも利用できます。 朝の勤行(朝参詣)には自由に参詣でき、毎日法話を聴聞できます。

御本尊・御尊像

内々陣中央には御本尊の「南無妙法蓮華経」の大曼陀羅が安置されています。
本門佛立宗の御本尊は、釈尊が説かれたすべての教え、 すべての仏・菩薩・諸天善神を統合しその根本を説き明かした 法華経本門八品の教えの中に説き顕されています。
御本尊の前には日蓮聖人の御尊像が安置されています。

遠妙寺雑司が谷墓地

墓碑は御題目の宝塔で内部に納骨ができるようになっています。
都営雑司が谷霊園内に設置されていて、いつでもお参りすることができ香華が絶えません。毎年、春と秋との彼岸会には遠妙寺住職により回向法要が営まれ、 多数の信者が参詣します。またご希望により墓誌に法号(戒名)を彫ることもできます。
 

自彰会館

自彰会館は、お祝い事や葬儀等のセレモニーホール、 また会義室として使用できるフロアーがあります。 また葬儀等で宿泊される場合の部屋(和室)も設備されています。 その他ミーティングルームもあり、各種会合やカルチャースクールなど多目的に使用できるスペースが設備されています。ご信者の方であればどなたでも利用でき、また地域の方にも施設を無料で提供致します。 ぜひご利用ください。 (ただし葬儀・法要等でのご利用は当宗の法要形式にて執行される方に限らせていただきます。)

 

 

 

末寺(遠歓寺・妙導寺)

遠妙寺には現在、末寺が2カ寺あります。
写真上段は、千葉市中央区葛城1-10-15にあります遠種山妙導寺です。
写真下段が、宇都宮市戸祭2-4-17にあります遠妙山遠歓寺です。 

御法門・ビデオのパスワードのお知らせはメルマガ登録を!